子供が欲しいなら葉酸サプリを飲んで体質改善しよう

医師

効果を実感する含有量

サプリ

摂取目安を理解して選ぶ

葉酸サプリは妊娠しているときに使用されることが多いです。葉酸は胎児の成長を促したり、神経管閉鎖症のリスクを低下させたりすること、そして母体の健康維持にも欠かせないと言われています。妊娠していないときなら、1日の推奨摂取目安は240?ですが、妊娠した時や妊娠を希望しているときは、1日に480?の葉酸を摂取したほうがよいです。野菜にも多く含まれている成分ですが、普段の食事で480?の摂取は難しいので、葉酸サプリで補うことが推奨されています。また、妊娠2か月目までには脳やせき髄の神経細胞の80%程度が完成すると言われています。その基本となる神経管への働きかけを期待するなら、妊娠の1か月前には葉酸サプリを摂取していた方が安心でしょう。注意点として、葉酸サプリで成分摂取しても過剰摂取になることはほとんどありませんが、多ければ多いほど胎児が成長するということではありません。水溶性ビタミンなので不要な分は、尿として排出されますが、呼吸障害やじんましんの恐れも指摘されています。20代の方なら1日900?、30代の方であれば1000?を上限として葉酸サプリを摂取するように心掛けて下さい。また、葉酸サプリですべてを摂取するより、毎日の食事でも自然に葉酸を摂取すると快適に妊娠期を過ごすことができます。他の栄養素もなくてよいものではないので、バランスの良い食事を取り入れてください。葉酸サプリは足りなくなる葉酸を効果的に補ってくれるので、十分なサポート効果を発揮するでしょう。